ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高知家の女性活躍応援塾 Cコース

高知家の女性活躍応援塾 Cコース

更新日:2015/02/15

管理職をめざす女性のキャリアアップセミナー

開催日時

2014年11月19日(水)、11月26日(水)、12月3日(水) 13時30分から16時30分(全3回)

講師 山口 理栄(株式会社wiwiw講師)
パネリスト

出水佐知(株式会社サニーマート)、片岡直子(株式会社ファースト・コラボレーション)

 これから管理職になることを期待される女性や管理職をめざす女性を対象に、管理職になるために必要な知識を身につけ、自分の良さを生かした自分らしい管理職像をイメージするセミナーを実施しました。

 はじめに、女性を取り巻く社会の現状やなぜ女性の管理職への登用が求められているのか、管理職とはどういう仕事か、管理職になったからこそ得られるやりがいや喜びなどについて学びました。
 具体的なマネジメントとして、多様な人材を生かすために時間制約のある社員の両立支援など、企業に求められている組織のあり方や、管理職としての部下とのコミュニケーションなどについて学びました。
 また、参加者自身の今後のキャリアデザインとして、ライフイベントを前提とした長期的な働き方・生き方などについても考えました。

 グループワークでは、「今の職場で課題だと思っていること」「今すぐ管理職になるとしたら、自分の能力や経験は十分か、経験不足をどう克服するか」「管理職になってまず取り組みたいこと」などについて、グループワークで意見を交換しました。
 そして、先輩管理職のお二人から、管理職となって大変だったこと、うれしかったこと、管理職となって自分が一番変わったこと、これからめざしていきたいことなどについてお話いただきました。
 体験談の後には、講師と先輩管理職のお二人が参加者のグループをまわり、グループワークで出た課題や質問に答えたり、アドバイスを行ったりしました。

 最後に、自分の強みの発見と強みを生かした管理職像の構築についてのワークを行い、参加者全員が「自分らしい管理職宣言」を行いました。
 3日間のワークとディスカッションを通して、普段は話す機会のない他の企業の女性と意見交換をすることができ、気づきの多い有意義な機会となりました。

 

講座の様子

講座の様子 パネリストのお二人 講座の様子

参加者の感想

  • 二人の先輩の話が勉強になりました。産休明けの時短や制度の話の情報交換ができましたし、いろいろな悩みがあることを知りました。職場で活かせられるようにしたいです。
  • 先輩の管理職の方の貴重な話を伺えて良かったです。前向きに仕事に家事に育児に取り組めそうです。
  • いろいろな方とグループワークができて良かったです。
  • 管理職像について自分の目指すものが明確になりました。
  • 同じ高知で働く女性と話すことができ、モチベーションアップになりました。他の人の発表を聞くことで、自分の気づけない物の見方に気づかされました。
  • 普段交流することのない会社の方々の話を聞くことができて、とても良かったです。他社の取り組みなどを聞くことができました。
  • 先輩方のお話やグループディスカッションを通して、前向きに仕事に対しての姿勢を変えていかなければいけないと、考え方を見直すことができました。
  • 管理職になることを全く考えたことがなかったので貴重な時間になりました。これからのビジョンのようなものが見えてきたかなと思います。
  • 自分を見つめ直す時間、これで良かったんだと思える安心感、これからはばたこうと思う自分が見つかりました。



g-plusone