ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人生後半を生きる知恵~定年の先を楽しく豊かに生きるヒント~ 第1回「ひとりで生きる!みんなで活きる!」

人生後半を生きる知恵~定年の先を楽しく豊かに生きるヒント~ 第1回「ひとりで生きる!みんなで活きる!」

更新日:2015/02/08

開催日時 2013年8月25日(土) 13時30分から16時30分
講師 安田香珠子(「こころの相談室Woman」主宰・女性問題専門心理カウンセラー)

 同じマンションの別々の部屋で暮らす女友だち7人「個個セブン」のメンバーのおひとりである安田さんに、友だち以上家族未満の「近居生活」についてお話を伺いました。

 「仲良し同士、一緒に暮らせたら楽しいよね」から始まった、新しい住まい方。
 高齢女性の5人に1人がひとり暮らしの時代、安心・快適なシニアライフと楽しさを求めて、6年余りの準備期を経て実現させた、心地よい距離感の近居生活。
 楽しみだけでなく、イザというときに備えての勉強会や準備、地域住民との関わりなど、これからの生活を自分らしくイキイキと送るためのヒントがたくさんありました。

 また、「もたれ合わない人間関係を築くために、しなやかな自立(自律)がそこそこできていること」「生きる達人とはほどよい加減を身につけている人」「孤独を耐えるのはしんどい、一人の時間を楽しめるものを」「苦労しても楽しかったと言える人生を!」など、講師のひと言ひと言に元気づけられ、勇気づけられました。

講座の様子

講師:安田香珠子氏 講座の様子

参加者の感想

  • 自分らしく暮らしていこうと思う。今日を楽しく生きたいと思った。
  • このような生活ができればと思っている、理想的。
  • 今までにない視点で自分の生活・生き方を振り返る機会になった。
  • 人生最後の過ごし方として素晴らしいと思った。
  • 7人のキャリアウーマンが適度な距離を保って生活していて楽しそう。メンバーの生き方がそれぞれステキ。
  • 自分の生き方・人生を考える参考になった。
  • ワークで他の方の話が聴けておもしろかった。元気をもらった。参加してよかった。
  • 人生はやはり自分で決めることだと思った。
  • 将来の不安ばかりを思い、憂鬱な日々を送っている。豊かに楽しく生きることを前向きに考えてみようと思う。
  • このような今後があれば希望が持てると思う。大切にしたい言葉や思いをたくさん頂けた。人間関係や自分を律することは今日から心したいと思う。



g-plusone