ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 【講座終了報告】 相談員スキルアップ研修「暴力が発生する場としての家族システム~多様なケースをどう支援するか~」

【講座終了報告】
相談員スキルアップ研修「暴力が発生する場としての家族システム~多様なケースをどう支援するか~」

更新日:2022/03/07

開催日時

2022年2月19日(土) 

13:30~16:30
講 師

伊田広行

(DV加害者プログラムNOVO運営者/立命館大学大学院非常勤講師)

 

 ソーレでは、様々な領域の相談に従事する方を対象に相談員スキルアップ研修を毎年行っています。今年度のテーマは「家庭の中の暴力」です。                                        第3回はDV加害者プログラムNOVO主催者の伊田広行さんを講師に迎え、「暴力が発生する場としての家族システム~多様なケースをどう支援するか~」と題してオンラインでお話いただきました。
 県内各地から24名が参加し、講師の実践的な講義に熱心に耳を傾けました。グループ・ワークは日頃交流のない職場の相談員と意見を交わす機会となりました。 
 令和4年度も新たな内容で3回実施します。高知県の相談員の皆さんと一緒に、ジェンダー視点を相談に活かす学びを深めていけるものを企画中です。


参加者の感想

  • DV支援の現状や支援法について具体的に学ぶことができた。
  • SOSに気づくこと、つなぐこと、連携することの大事さを痛感した。
  • グループ討議等で、違った立場の方々の意見を知ることができた。



g-plusone